円建債券とは一体何か?知っておきたい投資の話

- 円建債券の年利率に関して

円建債券の年利率に関して

円建債券は年率1.05%で金利合計が高いというのが人気を呼ぶ一つの要因ですね。
為替の変動に理より、乱高下しない安定した投資となりますので、外貨建て債券とは違います。
円で支払い、円で利払を貰うというのがこの為替に影響されない秘密です。

ですから、もしも円高に急速に動いたとしても、円建債券には全く関係ないといえるのです。
また株式などと併用して投資を行うことで、1つに絞って投資するよりもリスクを分散させることができます。
それは円建債券の年率が固定されているからです。
三菱UFJモルガンスタンレー証券が発行している円建債券がとても人気です。
個人向けの債券ですし、2019年3月19日に満期になる商品です。
年利率が段階的に上がっていくステップアップ債券として注目を集めているのです。
円建債券の三菱の年利率を説明すると、仮条件という形で最初の年は0.30%~0.90%、
2年目の利率は1年目の利率にプラスして、0.02%上昇します。
3年目は2年目の利率に同じく0.02%上昇し、4年目も3年目に0.02%TOTO上昇するお得な円建債券です。
マネックス証券からも年率1.1パーセントの円建証券が発行されていて5年満期です。
ゼロ金利時代の現代において、この条件の円建債券というのは魅力的で多くの人が注目するのも頷けます。
新聞などにも掲載され注目されることで、資産運用を考える人達の間では、導入を検討している人が多くなりつつある商品といえるでしょう。
特に年利率1.1パーセントで5年満期のマネックス証券の円建債券はこれ程の好条件はないでしょう。
銀行の5年スーパー定期の金利が0.06%で大人気ということを考えると、円建債券の金利の高さが納得できるのではないでしょうか?
銀行の金利と比較をすることで、どれだけ好条件な商品化が判ってもらえると思います。
最近では更に高利率な1.60%という円建債券もマネックス証券から発行されています。
高金利商品として有名な外貨建て債券ですが、円建債券と比べると為替リスクが大きすぎます。
リスクを抑えて、そして高い金利で運用したいのであれば副業感覚で円建債券を選ぶべきでしょう。

円建債券の意味

円建債券とは判りやすく言えば、日本政府が発行する日本国債、自治体が発行する地方債土が有名です。
元本を支払い債券を購入した後に、利息や償還を日本円で受けるものを言います。
国が発行するもの以外にも、外国企業が円建発行するサムライ債というものもあります。

サムライ債のような円建外積も円建債券と考えますので、日本国債だけと考えるのは間違いですね。
また日本国以外で発行されている円建債券のことを区別してユーロ円債呼ぶのが一般的です。
円建債券とは逆に、利息などを日本円ではなく、外国通貨で支払う債券のことを外貨建て債券と呼びます。
円建債券を示す場合にはその他に、円債、円建て債券などとも言いますが、全て同じ意味ですので覚えておきましょう。
日本で発行される円建債券は先程も言いましたが日本国債や地方債、特別債など、国や地方の財源を賄うために発行されるものと言っていいでしょう。
円建て債権のメリットを言うと為替市場の動きに影響を受けないというものでしょう。
しかし問題はデメリットのほうで、信用リスクが大きく関わってくるということです。
ですから、円建債券を利用して投資を行うのであれば、利用する業者の格付けを調べる事が重要で、ここで目測を見誤れば、投資が失敗することも十分に考えられます。
資産運用をされている方の中では、この円建債券は今人気のある商品ではないでしょうか?
人気の一番の理由というのは、為替リスクが少ないということ、少額から初められるので安心ということでしょう。
普通に銀行にお金を預けておくよりも金利が高いのも魅力です。
この不況時代だからこそ、安心できる投資先として円建債券が注目されていると思います。
円建祭を利用している方というのは、とてもリピート率が高いというのも特徴です。
そこで単純に今必要としないお金を銀行に預けているだけであれば、こちらの円建債券に切り替えたほうがお得といえるでしょう。
資産運用などをしたことがないという初心者にはピッタリの投資先だと思います。


新着情報

◆2015/07/29
円建債券の年利率に関しての情報を更新しました。
◆2015/02/10
サイトマップの情報を更新しました。
◆2014/04/22
お問い合わせを新規投稿しました。
◆2014/04/22
円建債券の規制ついてを新規投稿しました。
◆2014/04/22
円建債券と他の債権の違いについてを新規投稿しました。